ワキの埋もれ毛処理は本当に大変で何とかしたいです

毎回ワキ毛の処理をするたびにキレイにならずイラっとします。

これさえなければ平気で腕をあげられるのに・・・、時間をかけてワキのムダ毛処理をしても結局黒いポツポツが残りブルーな気持ちになります。

若い頃は何も考えずに毛抜きなどで何とか埋もれ毛を引き出し、無理やり抜いていましたが年々自己処理ダメージで黒ずみが目立ってきてやめました。

いったい何が埋没毛対策として良いのか調べて色んな事をしてきましたが、正直どれも抜群の対策はありませんでした。

ただ諸々の事情により脱毛エステなどには通えないので、やっぱり自己処理に頼るしかありません。

そこで黒いテンテンがなるべく目立たないようにすれば良いと考え、私が辿り着いたのは脱色と脱毛テープと毛抜きの処理でした。

肌には多少刺激があるかもしれませんが市販の脱色剤で最初に毛の色を抜きます。

その後、脱毛テープでベリッとムダ毛を抜き、そして残ったものをプチプチ毛抜きで抜きます。

時間はかかりますが埋もれ毛も目立たなくなるので、いまのところこれで頑張っています。

脱毛が済んだ後は肌に相当なダメージがあると思うので化粧水をたっぷり塗ります。

この時に使用しているのが豆乳ローションです。

本当は手作りの豆乳ローションがより効き目があると思うのですが、私はドラッグストアで購入できるモノを使用しています。

豆乳イソフラボンが埋もれ毛、ムダ毛に効果があると知ってから約5年くらい縫っています。

もちろん完全になくすことは出来ませんが、使うたびに毛が細くなり使用する前より埋もれ毛ケアが楽になった気がします。